コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通婚圏 つうこんけん marriage area

2件 の用語解説(通婚圏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通婚圏
つうこんけん
marriage area

配偶者を選ぶ地域的ないし身分的範囲。特に前近代社会においては,このような配偶者の選択範囲が制度的に規定されていた。この社会において通婚圏は,バンド社会の族外婚あるいは族内婚の形式,ないしはインドカーストにみられる階級=身分内婚の制度化された形式をとる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通婚圏
つうこんけん

配偶者選択の範囲や集中度を示す指標。通常は婚姻が行われる地理的範囲の意味で用いられるが、地理的広がり以外に、社会階層や血縁などの他の指標によって通婚圏を分析することも可能である。これによって社会の地域的・階層的モビリティー(流動性)や閉鎖性の度合いを客観的に把握することが可能となる。
 インドのカースト内婚や、部族社会に広くみられる氏族外婚などのように、社会によってはしばしば配偶者選択の範囲が制度的に制限されている場合があるが、こうした制度的な規制(外婚規制や内婚規制)がない場合でも、民族、地域、社会階層、職業、宗教などの、さまざまな社会・文化的要因で通婚の範囲がおのずから制限され、結果的に内婚あるいは外婚的傾向がみられることがある。通婚圏の分析はこういった傾向を明らかにしてくれる。たとえば日本の農村についていえば、西南日本では通婚圏は地理的に小さく、村落内婚的傾向がみられるのに対し、東北農村では村落外婚的な傾向がみられることが知られている。また同一村内では、家格が高い家や逆に極端に低い家の通婚圏は、村内の大半を占める中層の家の通婚圏に比べて大きいといった事実もある。[濱本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の通婚圏の言及

【婚姻】より

…そしてこの風習は時代とともに,武士庶民の世界にも伝わったらしいが,その生活様式が決定的に異なるからには,それがどこまで現実に実行されたかは,疑問である。 では,この時代の人々の通婚圏はどれほどであっただろうか。まず武士庶民層についてみると,それは社会階層の違いによって,はっきりとした違いをみせていた。…

※「通婚圏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

通婚圏の関連キーワード族内婚法域配偶者間人工授精配偶者控除配偶者配偶者特別控除相方ファミリー交通傷害保険日本人配偶者配偶者相続人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone