コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通気組織 ツウキソシキ

大辞林 第三版の解説

つうきそしき【通気組織】

細胞間隙が連続して網状あるいは管状となり、空気や水蒸気の流通を行う植物の組織。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通気組織
つうきそしき

植物体の柔組織のうち、とくに細胞間隙(かんげき)が発達し、互いに連結して網目状または管状になり、空気や水蒸気などの気体の流通に適している組織をいう。このような細胞間隙は、表皮にある気孔や皮目(ひもく)を通じて外界とつながっている。通気組織は水生植物に顕著にみられ、とくに根が水底の泥中に、葉が水上に浮遊または立ち上がっているものでは植物体全体にみられる。また、葉あるいは植物体全体が浮遊する水草では、通気組織が「浮き」の役目を果たしている。[相馬研吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

通気組織の関連キーワード組織(生物)マングローブ海綿状組織基本組織系湿生植物栄養組織呼吸根樹皮皮層気根植物

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android