通計(読み)つうけい

精選版 日本国語大辞典「通計」の解説

つう‐けい【通計】

〘名〙
① いくつかの区切り、段階をひっくるめて、全体を通して算すること。また、そのもの。全体の計算。通算総計合計つうげ。
※令義解(718)選叙「若廻充帳内。資人者。亦聴計前労
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)四「合して通計(ツウケイ)八編は」 〔白居易‐春晩詠懐贈皇甫朗之詩〕

つう‐げ【通計】

〘名〙 (「つうけ」とも)
※色葉字類抄(1177‐81)「通計 資用部 ツウケ 計数分」
② 知れわたること。広く知られること。多く、「国内通計(こくないつうげ)」の形で用いられる。つうけい。
※源平盛衰記(14C前)一三「隠す隠すと私語(ささや)きけれども、国内通(ツウケ)の事なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「通計」の解説

つう‐げ【通計】

《「つうけ」とも》知れ渡ること。広く知られること。多く「国内通計」の形で用いられる。つうけい。
「隠す隠すと私語ささやきけれども、国内—の事なれば」〈盛衰記・一三〉

つう‐けい【通計】

[名](スル)部分部分を全部合わせて計算すること。総計。「年間の売り上げを通計する」
[類語]合計総計集計合算総和小計累計通算積算推計トータル締め延べ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android