コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通関統計 つうかんとうけいcustoms statistics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通関統計
つうかんとうけい
customs statistics

日本外国貿易統計別称税関を通過する輸出入物資について通関時点でその金額,数量を商品別,相手国別に毎月,毎年定期的に調査し,発表している統計。日本では財務省が作成しており,輸出はFOB価格,輸入はCIF価格で集計しており,公表は円建ておよびドル建てで行われている。商品分類は国連の標準国際貿易分類改訂版を基準とする「輸出入統計品目表」によっている。貿易動向の分析にとっての最も基礎的な資料となっており,国際収支統計の作成にも利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つうかん‐とうけい〔ツウクワン‐〕【通関統計】

貿易統計

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つうかんとうけい【通関統計】

税関の資料をもとに財務省が作成し、毎月発表される日本の輸出入統計。正称、貿易統計。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通関統計
つうかんとうけい

日本の「外国貿易等に関する統計」のうち、もっとも基本的な内容である貨物の輸出・輸入実績を示す統計のことで、一般には「貿易統計」とよばれている。この統計は、日本の統計中でもっとも古くから存在するものの一つであり、1869年(明治2)に外務省によって編成されたのが始まりで、その後1871年に大蔵省に、そして2001年(平成13)からは中央省庁再編に伴い財務省に移管された。
 現在、財務省による日本の貿易統計は、「外国貿易等に関する基本統計通達」に基づいて作成されており、その通達によれば日本の現在の外国貿易統計の編成は、(1)普通貿易統計、(2)特殊貿易統計、(3)船舶・航空機統計の3種類の統計から成っているが、一般に「通関統計」とよばれるときは、このうちの普通貿易統計をさすことが多い。普通貿易統計に計上される輸出入貨物は、日本から輸出され、あるいは日本に輸入されるすべての貨物が対象となるが、少額貨物(20万円以下のもの)、旅貨物および携帯品・別送品扱いの自動車、天皇および皇族の貨物、各国の元首・その一族および従者に属する貨物、外交官関係の貨物、軍関係の貨物、金貨および貨幣用金などは除かれている。統計の収集は、全国の各税関、税関支署、出張所において、輸出については輸出申告書や積み戻し申告書、輸入については輸入(納税、引取)申告書、倉庫入承認申請書あるいは移入承認申請書等に基づいて行われる。貨物の計上価格については、輸出はFOB(本船渡し)価格、輸入はCIF(保険料・運賃込み)価格が基準とされ、申告価格に基づいて行われる。統計の計上時点に関しては、原則として、輸出については貨物の出港日に、輸入については輸入許可日とされている。通関統計の公表は種々の方法で行われているが、一般に利用可能な定期刊行物としては日本関税協会発行の『外国貿易概況』(月刊)、『日本貿易月表』などがある。[高島 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の通関統計の言及

【貿易統計】より

…輸出入の現状の把握を目的とした統計の総称。最も基本的なものとして通関統計(正式名称は貿易統計)があるが,そのほかに輸出確認統計,輸入報告統計等がある。(1)通関統計(大蔵省) 通常,貿易統計といえば狭義には本統計を指す。…

※「通関統計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

通関統計の関連キーワード輸出物価指数・輸入物価指数関税協力理事会品目表輸出・輸入物価指数日本外国貿易統計IMFベース通関収支差経済統計交易条件貿易収支業務統計国際収支ミシン

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通関統計の関連情報