逡巡(読み)しゅんじゅん

精選版 日本国語大辞典「逡巡」の解説

しゅん‐じゅん【逡巡】

〘名〙 (形動タリ) しりごみすること。決断がつかないでぐずぐずすること。ためらうこと。また、そのさま。
経国集(827)二〇・紀真象対策文「下舂易斜、逡言之地
※俳諧・蕪村句集(1784)春「ゆく春や逡巡として遅さくら」 〔荘子‐譲王〕
[補注]「色葉字類抄」には「逡巡 タタスムナリ シュンスン」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「逡巡」の解説

【逡巡】しゆんじゆん

あとずさり。ためらう。〔後漢書、張覇伝〕時に皇后の兄~(とうしつ)、當の名行を聞き、與にはりを爲さんと欲す。、逡してへず。衆人の時(し)らざるを笑ふ。

字通「逡」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android