運送引受義務(読み)うんそうひきうけぎむ

  • 義務
  • 運送引

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バスやタクシーなどの自動車を使用して有償で旅客を運送するものは、正当な理由がなく、乗車の引受けを拒絶(乗車拒否)してはならないという義務。道路運送法(昭和26年6月法律第183号)第13条に、運転手が客の乗車の申込みを認める状況にあったならば、乗車の申込みを運転手は受ける義務があり、それを拒絶する場合は正当な理由を説明する義務があると定められている。なお、団体客で車両を貸し切って運行しているような場合にはこの規則は適用されない。

 乗車の申込みを拒否することができる正当な理由には、以下のようなものがある。これ以外の理由で乗車拒否をした場合は処罰の対象になる。(1)天災などのやむを得ない事情で運送できないとき。(2)申込まれた運送が認可を受けた運送約款によらないものであるとき。(3)定員超過、客の携帯する物を車内に収容できない場合、積雪時にチェーンの準備がないなど、乗車に適した設備がないとき。(4)有料道路の支払いを強制されるなど、特別の負担を求められたとき。(5)善良の風俗に反する者、危険物を持ち込む者、他の客の迷惑となる恐れのある泥酔者や不潔なものに該当するとき。(6)その他、国土交通省令で定める正当な理由がある場合。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android