コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道叟道愛 どうそう どうあい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道叟道愛 どうそう-どうあい

?-1379 南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)総持寺峨山韶碩(がさん-じょうせき)にまなぶ。陸奥(むつ)胆沢(いざわ)郡(岩手県)の柏山氏にまねかれて永徳寺をひらき,また津軽の合浦(がっぽ)に高沢寺をたて開山(かいさん)となった。康暦(こうりゃく)元=天授5年9月13日死去。出羽(でわ)秋田出身。俗姓は平(たいら)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道叟道愛の関連キーワード南北朝時代月庵良円道愛曹洞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android