コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道叟道愛 どうそう どうあい

1件 の用語解説(道叟道愛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道叟道愛 どうそう-どうあい

?-1379 南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)総持寺峨山韶碩(がさん-じょうせき)にまなぶ。陸奥(むつ)胆沢(いざわ)郡(岩手県)の柏山氏にまねかれて永徳寺をひらき,また津軽の合浦(がっぽ)に高沢寺をたて開山(かいさん)となった。康暦(こうりゃく)元=天授5年9月13日死去。出羽(でわ)秋田出身。俗姓は平(たいら)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道叟道愛の関連キーワード康暦河野通尭天授永和康暦僧録蘆名氏斯波義将鹿王院足利義満

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone