コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道応法親王 どうおうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道応法親王 どうおうほうしんのう

1467-1510 室町-戦国時代,貞常親王の第8王子。
応仁(おうにん)元年生まれ。天台宗。後土御門(ごつちみかど)天皇の猶子(ゆうし)。聖護院にはいる。文亀(ぶんき)4年親王となる。一身阿闍梨(あじゃり)。園城寺(おんじょうじ)長吏で,熊野三山,新熊野(いまくまのの)検校(けんぎょう)をかねた。永正(えいしょう)7年6月15日死去。44歳。法名ははじめ興誉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道応法親王の関連キーワード貞常親王

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android