コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遥遥 ハルバル

4件 の用語解説(遥遥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はる‐ばる【××遥】

[副]
遠く離れているさま。遠くから、または遠くへ物事の及ぶさま。はるかに。「遥遥(と)展望が開ける」「遥遥(と)海を渡ってくる」
程度がかけ離れているさま。はるかに。
「その顔色は世上の若き女どもよりは、―ましたとそ」〈三体詩素隠抄・二〉
時間が隔たっているさま。
「泣き候ひし時、―ありてそれがし申すやう」〈伽・三人法師
[形動ナリ]に同じ。
「―で小春様と主の花車が勇む声」〈浄・天の網島

はろ‐ばろ【××遥】

[副]《古くは「はろはろ」》「はるばる」に同じ。
「神々しいまでに美しい―とした稜線」〈井上靖・比良のシャクナゲ
「難波潟漕ぎ出(づ)る舟の―に別れ来ぬれど忘れかねつも」〈・三一七一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はるばる【遥遥】

( 副 )
(「と」を伴っても用いる)
遠くまで、また遠くから動作・作用が及ぶさま。また、非常に遠くへ時間をかけて移動するさま。 「 -(と)故郷から訪ねて来る」 「湖面が-(と)見渡される」 「山路-ゆく程に/曽我 11
程度がかけ離れているさま。 「 -此の二人にまし物ぞと英をほめたぞ/蒙求抄 5
( 形動ナリ )
に同じ。 「松原目も-なり/土左」

ようよう【遥遥】

( 副 )
時間的または、空間的にはるかにへだたっているさま。 「 -其前日に/明六雑誌 21」 「 -東京に往復し/新聞雑誌 54

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遥遥の関連キーワード遠隔遠国孤島遠く遠くて近きは男女の仲離れ島僻遠隔る物遠し雲居遥か

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone