コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遥遥 ハルバル

デジタル大辞泉の解説

はる‐ばる【××遥】

[副]
遠く離れているさま。遠くから、または遠くへ物事の及ぶさま。はるかに。「遥遥(と)展望が開ける」「遥遥(と)海を渡ってくる」
程度がかけ離れているさま。はるかに。
「その顔色は世上の若き女どもよりは、―ましたとそ」〈三体詩素隠抄・二〉
時間が隔たっているさま。
「泣き候ひし時、―ありてそれがし申すやう」〈伽・三人法師
[形動ナリ]に同じ。
「―で小春様と主の花車が勇む声」〈浄・天の網島

はろ‐ばろ【××遥】

[副]《古くは「はろはろ」》「はるばる」に同じ。
「神々しいまでに美しい―とした稜線」〈井上靖・比良のシャクナゲ
「難波潟漕ぎ出(づ)る舟の―に別れ来ぬれど忘れかねつも」〈・三一七一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はるばる【遥遥】

( 副 )
(「と」を伴っても用いる)
遠くまで、また遠くから動作・作用が及ぶさま。また、非常に遠くへ時間をかけて移動するさま。 「 -(と)故郷から訪ねて来る」 「湖面が-(と)見渡される」 「山路-ゆく程に/曽我 11
程度がかけ離れているさま。 「 -此の二人にまし物ぞと英をほめたぞ/蒙求抄 5
( 形動ナリ )
に同じ。 「松原目も-なり/土左」

ようよう【遥遥】

( 副 )
時間的または、空間的にはるかにへだたっているさま。 「 -其前日に/明六雑誌 21」 「 -東京に往復し/新聞雑誌 54

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone