悠遠(読み)ユウエン

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐えん〔イウヱン〕【悠遠】

[名・形動]時間的、空間的に、はるかに遠いこと。また、そのさま。「悠遠な(の)太古を思う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうえん【悠遠】

名 ・形動 [文] ナリ 
時間的・空間的にはるかに遠い・こと(さま)。 -のかなた -なる太古の世

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐えん イウヱン【悠遠】

〘名〙 (形動) 時間的・空間的に、はるかいこと。遠くへだたっていること。遠く久しいこと。また、そのさま。
※授業編(1783)四「年代(ユウヱン)なればいつとなくかくなり来る」 〔詩経‐小雅・漸漸之石〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悠遠の関連情報