コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤秀景 えんどう ひでかげ

1件 の用語解説(遠藤秀景の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤秀景 えんどう-ひでかげ

1853-1911 明治時代の政治家。
嘉永(かえい)6年12月生まれ。もと加賀金沢藩重臣不破家の家臣。明治13年金沢で広瀬千磨(せんまろ)らと盈進(えいしん)社を結成。16年起業社をおこし,士族救済のため北海道で開拓事業などをおこない失敗。のち石川県会議員をへて23年の第1回衆議院議員選挙で当選,国民自由党をつくった。明治44年5月16日死去。59歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

遠藤秀景の関連キーワード足立孫六小山内鉄弥斎藤卯八鮫島相政沢田佐助島田糺武部尚志豊田文三郎松田秀雄宮井茂九郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone