コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠野物語 トオノモノガタリ

大辞林 第三版の解説

とおのものがたり【遠野物語】

口頭伝承を文語体で記した著作。柳田国男著。1910年(明治43)刊。岩手県遠野市に伝わる昔話・習俗、また世間話などを同地の人佐々木喜善(鏡石)から聞き、まとめたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠野物語
とおのものがたり

柳田国男(やなぎたくにお)の著書。1909年(明治42)に、柳田国男が、遠野の住人であった佐々木喜善(きぜん)から聞いた話をまとめ、翌10年6月に公刊した書物で、日本民俗学史上、『後狩詞記(のちのかりことばのき)』『石神問答』と並ぶ古典とされている。現在の岩手県遠野市に伝わる昔話、伝説、世間話を集めた豊富な内容は、江戸時代から明治を経た山間部に住む人々の日常生活を具体的に物語っている。柳田は『遠野物語』について「此(この)書を外国に在(あ)る人々に呈す」「之(これ)を語りて平地人を戦慄(せんりつ)せしめよ」と冒頭で記しており、日本文化のなかにおける山人の存在や、山と平地の文化交流を軸にして、民俗文化を把握しようと考えていた。公刊当時の反響は弱かったが、現在では幅広い読者層を得て読まれている。[宮田 登]
『『遠野物語』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遠野物語の関連キーワード切り下げる・切下げる・斬り下げる柳田国男(やなぎたくにお)日本映画史(年表)遠野市立博物館三木茂(2)佐々木 喜善遠野市伝承園早川 雄三北川 深雪遠野(市)柳田 國男柳田 国男村野鉄太郎敷く・布く素敵・素的仙境説話ゆきゆき後ろ付き森山大道角川文庫

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠野物語の関連情報