コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木喜善 ささき きぜん

3件 の用語解説(佐々木喜善の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木喜善 ささき-きぜん

1886-1933 明治-昭和時代前期の民話研究家。
明治19年10月5日生まれ。東京遊学中に知りあった柳田国男に提供した郷里岩手県遠野地方の伝説・昔話の資料は,「遠野物語」にまとめられた。のち帰郷し,民間伝承の採集につとめた。昭和8年9月29日死去。48歳。早大中退。筆名は繁。号は鏡石。著作に「江刺郡昔話」「聴耳草紙」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

佐々木喜善【ささききぜん】

岩手県土淵村(遠野市)生れ。井上円了の哲学館,次いで早大文学部に学び,泉鏡花を慕って鏡石と号し,短編小説,詩歌などを発表。柳田国男の指導で民間伝承を調査研究。《遠野物語》は彼の話を柳田が筆録。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ささききぜん【佐々木喜善】

1886~1932) 民俗学者。岩手県生まれ。早大中退。柳田国男に師事し、「遠野物語」の話者となった。以後、東北地方の民間伝承を収集。主著「東奥異聞」「聴耳草紙」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐々木喜善の言及

【柳田国男】より

…とくに宮崎県の椎葉(しいば)村で古い狩猟方法を聞き感動した。さらにその年の秋には岩手県遠野出身の佐々木喜善(1886‐1933)から遠野地方に伝承されるさまざまなふしぎな話を聞き,魅惑された。この二つの体験を,それぞれ《後狩詞記(のちのかりことばのき)》(1909),《遠野物語》(1910)の2書にまとめ,民俗学の研究に踏み込むこととなった。…

※「佐々木喜善」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐々木喜善の関連キーワード阿武清織田東禹小山善中井哲根岸耕一能村磐夫広津政二安田源右衛門依田豊渡辺七郎

佐々木喜善の関連情報