コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木喜善 ささき きぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木喜善 ささき-きぜん

1886-1933 明治-昭和時代前期の民話研究家。
明治19年10月5日生まれ。東京遊学中に知りあった柳田国男に提供した郷里岩手県遠野地方の伝説・昔話の資料は,「遠野物語」にまとめられた。のち帰郷し,民間伝承採集につとめた。昭和8年9月29日死去。48歳。早大中退。筆名は繁。号は鏡石。著作に「江刺郡昔話」「聴耳草紙」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ささききぜん【佐々木喜善】

1886~1932) 民俗学者。岩手県生まれ。早大中退。柳田国男に師事し、「遠野物語」の話者となった。以後、東北地方の民間伝承を収集。主著「東奥異聞」「聴耳草紙」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の佐々木喜善の言及

【柳田国男】より

…とくに宮崎県の椎葉(しいば)村で古い狩猟方法を聞き感動した。さらにその年の秋には岩手県遠野出身の佐々木喜善(1886‐1933)から遠野地方に伝承されるさまざまなふしぎな話を聞き,魅惑された。この二つの体験を,それぞれ《後狩詞記(のちのかりことばのき)》(1909),《遠野物語》(1910)の2書にまとめ,民俗学の研究に踏み込むこととなった。…

※「佐々木喜善」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐々木喜善の関連キーワード佐々木 喜善遠野市伝承園座敷わらし伊能嘉矩北川深雪明治

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木喜善の関連情報