コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠隔地商人 えんかくちしょうにん Fernhändler[ドイツ]

1件 の用語解説(遠隔地商人の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えんかくちしょうにん【遠隔地商人 Fernhändler[ドイツ]】

中世のヨーロッパで隔地間の交易ならびにヨーロッパ外との交易にあたっていた職業的商人層。19世紀ドイツ歴史学派発展段階説においては,中世は都市経済の時代とされているが,その経済範囲は都市と周辺農村を結ぶ狭いものとして構想されていた。この考えに対する補正ないし批判としてやがて強調されるようになったのが,中世における遠隔地商業の存在と重要性である。隔地間の価格体系の差を利用して大きな利潤を上げる職業的商人層はさまざまな時代のさまざまな土地に存在したが,この語は中世ヨーロッパに関連して用いられるのが普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の遠隔地商人の言及

【都市】より

…そしてその気運が高まったのは,西ヨーロッパへの外敵侵入の危険がなくなった10世紀後半のことであった。 11世紀に入ると,いままでユダヤ人,シリア人など外国人に任せていた国際的商品の取引は,キリスト教徒の商人により在地の特産物と相互に積極的に交易されることとなり,隊商を組む遠隔地商人群を各地に生み出すこととなった。西ヨーロッパの中世都市は,このようにして,まず何よりも遠隔地商人の活動を前提にした新しい歴史的形成体なのである。…

※「遠隔地商人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遠隔地商人の関連キーワード西ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパ共同体ヨーロッパ決済同盟ヨーロッパ連合ヨーロッパトルコヨーロッパロシアミニヨーロッパヨーロッパ電子計算機工業会ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone