コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘合符 かんごうふKan-he-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勘合符
かんごうふ
Kan-he-fu

中国の明朝が朝貢船の真偽を確かめるために発行し,外国に分け与えた割符。明の洪武 16 (1383) 年に暹羅 (シャム) ,占城 (チャンパ) ,真臘 (カンボジア) などに与えたのが最初で,日本には明の永楽2 (1404) 年から室町幕府に支給され,遣明船団は1船ごとに1枚ずつ支給された半印の勘合を持参し,中国側の半印勘合,底簿と照合されたうえで朝貢貿易が許された。勘合符は明の改元ごとに新しく発行されるならわしであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんごう‐ふ〔カンガフ‐〕【勘合符】

勘合2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

勘合符【かんごうふ】

勘合の俗称。勘合とは,明(みん)が他国からの来貢船を制限し,また使船が正式の船であることを証明するため,日本をはじめ東アジア50余ヵ国に与えた符丁。1383年に始められ,日本には1404年永楽の勘合符を与えた。
→関連項目海禁朝貢貿易

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんごうふ【勘合符】

〈勘合〉の俗称。勘合の本来の意味は〈かんがえあわせること〉であり,中国では軍事,外国交通,銭糧の収支,官吏の公務出張などの証明の割符(わりふ)のことをいった。日本史上の用語としてふつうに用いられるのは,室町時代に足利将軍のところに明の皇帝から送られてきた船舶の渡航証明書のことである。〈勘合符〉の称は近世以降に使用されたもので,諸辞書が勘合の説明として〈勘合符の略〉としているのは誤りである。明の政府が日本に対して発給した勘合では〈日本〉の2字のうち〈本〉の字をとった勘合で,明の成祖永楽帝以後原則として皇帝の代がわりごとに100通ずつ足利将軍のところに送られてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんごうふ【勘合符】

近世以降に用いられた勘合の俗称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勘合符
かんごうふ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の勘合符の言及

【勘合貿易】より

…日本の遣明船によっておこなわれた日明間の貿易に対する俗称。一般には,勘合(勘合符)を用いておこなわれた貿易と解されているが,勘合は船舶の渡航証明書ではあるけれども貿易の許可証ではなく,勘合貿易という用語は日明間の貿易の実体を正しくいいあらわしたものとはいえない。むしろ,勘合を所持した勘合船の貿易とか,遣明船の貿易とか表現する方が適当であろう。…

【符牌】より

…唐代には,さらに貴賤や身分をあきらかにする随身魚符や木契,旌節(せいせつ)などがつくられ,元代になって領土が拡大すると駅伝の発達をうながし,その利用者と利用目的によって金虎符(虎頭金牌),金符(牌),銀符(牌),円符(牌),海青符(牌)などがつくられ整備された。明が貿易統制のために用いた勘合符も符牌の一種で,符牌の制は清代まで行われた。【永田 英正】。…

※「勘合符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勘合符の関連キーワード嘉吉条約勘合貿易日明貿易応永条約宗性春通信符勘合船

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android