コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖阿 そあ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祖阿
そあ

室町時代の僧。室町幕府第3代将軍足利義満は,幕府財政窮乏を打開するため,博多商人肥富 (こいとみ) の献議を入れて応永8 (1401) 年第1回の遣明船を派遣した。祖阿はこのとき正使として明におもむき,翌年明使天倫道彝,一庵一如を伴って帰国した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祖阿 そあ

?-? 室町時代の遣明使(けんみんし)。
室町幕府の同朋衆(どうぼうしゅう)で,応永8年(1401)足利義満(よしみつ)による第1回遣明船の正使。副使は派遣をすすめた博多商人肥富(こいつみ)。翌年明使天倫道彝(てんりん-どうい),一庵一如(いちあん-いちじょ)と帰国。のち連歌宗匠職をつとめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そあ【祖阿】

室町時代初期の同朋(どうぼう)衆。生没年不詳。1401年(応永8)に派遣された遣明船の正使。瑞渓周鳳の《善隣国宝記》によると,応永の初年に明から帰った博多商人肥富(こいつみ)が足利義満に日明通交の利益を述べ,これを聞いて義満は使船の派遣にふみきったという。このとき祖阿が正使に選ばれ,肥富は副使にされた。《吉田家日次記》は,祖阿のことを〈遣唐使遁世者素阿弥〉と書いている。この記事から祖阿は,当時将軍の側近で雑用をつとめた同朋衆の一人であったことが推定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

祖阿の関連キーワード勘合貿易遣明船(年表)室町時代(年表)金(中国の王朝)猛安・謀克室町時代女真文字勘合貿易猛安謀克山木直阿直岐会寧府漢部三蔵