コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖阿 そあ

3件 の用語解説(祖阿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祖阿
そあ

室町時代の僧。室町幕府第3代将軍足利義満は,幕府財政窮乏を打開するため,博多商人肥富 (こいとみ) の献議を入れて応永8 (1401) 年第1回の遣明船を派遣した。祖阿はこのとき正使として明におもむき,翌年明使天倫道彝,一庵一如を伴って帰国した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祖阿 そあ

?-? 室町時代の遣明使(けんみんし)。
室町幕府の同朋衆(どうぼうしゅう)で,応永8年(1401)足利義満(よしみつ)による第1回遣明船の正使。副使は派遣をすすめた博多商人肥富(こいつみ)。翌年明使天倫道彝(てんりん-どうい),一庵一如(いちあん-いちじょ)と帰国。のち連歌宗匠職をつとめた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

そあ【祖阿】

室町時代初期の同朋(どうぼう)衆。生没年不詳。1401年(応永8)に派遣された遣明船の正使。瑞渓周鳳の《善隣国宝記》によると,応永の初年に明から帰った博多商人肥富(こいつみ)が足利義満に日明通交の利益を述べ,これを聞いて義満は使船の派遣にふみきったという。このとき祖阿が正使に選ばれ,肥富は副使にされた。《吉田家日次記》は,祖阿のことを〈遣唐使遁世者素阿弥〉と書いている。この記事から祖阿は,当時将軍の側近で雑用をつとめた同朋衆の一人であったことが推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

祖阿の関連キーワード同朋同朋衆文阿弥立阿弥同法同朋頭ぼうぼうリウボウ空海(2)増阿弥久次

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone