コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遷急点 センキュウテン

デジタル大辞泉の解説

せんきゅう‐てん〔センキフ‐〕【遷急点】

山地斜面を尾根から見下ろしたとき、急に傾斜がきつくなる地点

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遷急点
せんきゅうてん
knick point

川の縦断面で傾斜が急変する所。河床の縦断勾配(こうばい)が急に変化する地点を遷移点という。川の縦断面は上流から下流に向かって緩やかになるが、その途中で河床勾配が不連続に変化することがあり、遷移点から下流側が急傾斜になる所が遷急点である。海面低下や地盤の隆起によって川の侵食が復活すると、下流側から谷の回春または若返りが始まり、上流側に波及するために生ずる。滝や早瀬はその例である。勾配の急変が硬岩層の存在による場合には岩石遷移点という。山茂美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

遷急点の関連キーワード日野川(鳥取県)千代川(川)カサイ川吉備高原石見高原阿武隈川虹の滝遷急線遷移点黄瀬川犬飼

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android