コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遷急点 センキュウテン

2件 の用語解説(遷急点の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんきゅう‐てん〔センキフ‐〕【遷急点】

山地斜面を尾根から見下ろしたとき、急に傾斜がきつくなる地点。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遷急点
せんきゅうてん
knick point

川の縦断面で傾斜が急変する所。河床の縦断勾配(こうばい)が急に変化する地点を遷移点という。川の縦断面は上流から下流に向かって緩やかになるが、その途中で河床勾配が不連続に変化することがあり、遷移点から下流側が急傾斜になる所が遷急点である。海面低下や地盤の隆起によって川の侵食が復活すると、下流側から谷の回春または若返りが始まり、上流側に波及するために生ずる。滝や早瀬はその例である。勾配の急変が硬岩層の存在による場合には岩石遷移点という。山茂美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遷急点の関連キーワード下ろし立て瞰射州浜形俯瞰見下ろす下ろし煮北下ろし裁下ろし積下ろし荷下ろし

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone