コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選果機 せんかき

3件 の用語解説(選果機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選果機
せんかき

みかん,トマト,玉ねぎ,じゃがいもなどを重量別に選別する機械。果物を1個入れたカップが秤の上を通るとき,そのカップの重さが一定重量以上ならばその果物を落す仕掛けになっている。農業近代化のために農協などに導入されているが,洗浄ワックス処理機,自動秤量機などとセットになって,洗浄,ワックス処理,選果,自動秤量,自動封緘にいたるまでの一貫作業で効果をあげている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

選果機
せんかき

果実などを出荷するにあたって商品価値を高めるために、大きさ、重さ、形、色合いなどによる選別(品ぞろえ)をする機械をいう。個々の農家が利用する比較的小型のものと、共同選別施設などで利用する大型のものがある。
 農家が利用する選果機の多くは、大きさや重さにより選別するものである。大きさによる選果機は、穴の大きさやすきまの違いを利用したものが多く用いられており、構造が単純で機械の価格も安価である。また、重さにより選別する選果機は、バランス秤(はかり)や電子秤を利用したものがある。
 一方、共同選別施設で利用されている選果機は、大きさや重さによる選別に加えて、形や色合い等の評価も可能なものが普及しており、これらの評価手法はカメラ画像による方式が主流である。1990~2000年代に、果実の甘さ(糖度)を評価する選果機が開発され、モモ、ミカン、リンゴ、メロン、スイカ等で利用されている。また、共同選別施設での選別では、果実を搬送コンベヤーから振り分ける方式に、果実を落とさず、果実同士がぶつかることなく別のコンベヤーへ受け渡す技術が開発され、導入されている。[大森定夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

選果機の関連キーワードグーラッシュじゃがジャガジャガ芋・ジャガ薯・ジャガ藷新ジャガ肉ジャガじゃがいもジャガイモジャガージャガイモの生産量肉じゃが

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

選果機の関連情報