遺伝率(読み)いでんりつ(英語表記)heritability

翻訳|heritability

世界大百科事典 第2版の解説

いでんりつ【遺伝率 heritability】

量的形質がどの程度遺伝的に決定されるかを示す尺度。遺伝力ともいわれ,h2記号で示される。ヒトの高さのような形質は単純な遺伝様式を示さないが,遺伝することは古くから知られており,メンデルの法則再発見以前に,生物統計学者はこのような形質について研究していた。彼らは幾つかの統計的手法を案出したが,その遺伝様式については成果をあげられなかった。今日背の高さは,効果の小さい多数の遺伝子(ポリジーン)とそれらに環境の要因が加わって決定されると考えられ,このような形質は量的形質と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遺伝率の関連情報