コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散分析 analysis of variance

5件 の用語解説(分散分析の意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

分散分析

分散分析とは複数(通常3以上)のグループ間で平均値を比較するための手法のことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

分散分析

分散分析は測定値全体の変動を様々な要因に基づく変動に分解する方法で,この分解は平方和の形で進められる.測定値は総平均と変動部分と誤差に分解され,変動は不偏分散を用い,変動部分と誤差部分の二つの分散比を計算し,F分布表を用いて検定する.何種類かの質的に異なる処理の効果を比較する問題に適切な方法である.二つの平均値の比較にはt検定を用いるが,多くの標本の平均値を比較する場合にはフィッシャーによるF検定が用いられる[Griffiths : 1967, Koch & Link : 1971].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

分散分析

 一群のデータの解析手法で,データの分散を変動の因子や個体間の誤差などの要因に分けて解析する統計学的な方法.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんさんぶんせき【分散分析 analysis of variance(ANOVA)】

一つの特性についてのデータのばらつきの大きさを,そのばらつきの要因別に分解することにより重要な要因を明らかにし,その影響の強さを知るための統計的方法の一つ。たとえば,米などの農作物の収量は,その品種,天候,土壌の性質,肥料の使い方などの影響を受ける。工業製品のできばえの特性は,原材料,作業者,製造機械,製造法などのそれぞれの違いによってばらついてくる。このようなばらつきの要因と考えられるもの(米の収量の場合には品種,天候,土壌,肥料など)を因子といい,一つの因子の中で取り上げる区別(品種の場合には個々の品種)を水準という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分散分析
ぶんさんぶんせき
analysis of variance

標準的な統計分析法の一つ。多くの因子の作用する状況下で測定したデータの変動を,各因子に起因する変動および誤差に起因する変動の和に分解し,その寄与の大きい因子はきいていると統計的推論を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分散分析の関連キーワード不偏分散分散度散布度小腹ばらつきエジンバラツイード鼻の下を伸ばす誤差分散データ・リソーシス会社あばら折り

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分散分析の関連情報