コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺族補償年金 イゾクホショウネンキン

2件 の用語解説(遺族補償年金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いぞくほしょう‐ねんきん〔ヰゾクホシヤウ‐〕【遺族補償年金】

業務災害に対して給付される労災保険のうち、遺族補償給付の一。受給資格者(死亡した労働者の収入によって生計を維持していた配偶者・子・父母・孫・祖父母兄弟姉妹で一定の年齢要件等を満たす者)のうち、最先順位者に支給される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

遺族補償年金

業務災害により死亡した労働者の家族に対して支給される年金。遺族補償給付の一つで、通勤災害の場合は「遺族年金」という。被災労働者の収入により生計を立てていた配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹のうち、最も先の順位の人(受給資格者)が、所轄の労働基準監督署に請求手続きを行い受け取る。順位は、「妻または60歳以上もしくは一定の障害の夫」が最先であり、次に「18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子または一定障害の子」と続く。順位の同じ受給権者が複数いる場合は、等分した額がそれぞれに支給される。最先順位者が死亡などにより資格を失うと、その次の順位者が受給権者となる。支給される年金額は、遺族が1人の場合、給付基礎日額の153日分(55歳以上の妻または一定障害の状態にある妻の場合175日分)、2人の場合同201日分などとなっている。

(2017-3-9)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遺族補償年金の関連情報