コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那波九郎左衛門 なば・くろうざえもん

1件 の用語解説(那波九郎左衛門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

那波九郎左衛門

没年:寛文4(1664)
生年:慶長2(1597)
江戸前期の京都の大富豪。金融業を営む先祖は播磨国那波村(兵庫県相生市那波)出身。名は常有。世襲名九郎左衛門の初代。父宗旦の代に京都へ出る。常有とその子素順(1633~97)のときが最盛期とみられ,三井三郎左衛門(釘抜三井家),袋屋常皓,和久屋九郎右衛門などと婚姻関係ができた。常有の富は素順とその弟正斎とが相続した。兄は福岡藩,弟は醍醐三宝院の御用を勤めたが,驕り高ぶり,京都所司代(代行)板倉内膳正重矩の咎めを受け,罰として宇治橋のかけかえを命ぜられた。兄弟とも大名への出入り商人として過失があり,衰微した。<参考文献>三井高房『町人考見録』(『日本思想大系』59巻),松本四郎「寛文~元禄期における大名貸しの特質―町人考見録にみえる那波九郎左衛門家を中心に―」(『三井文庫論叢』創刊号)

(安岡重明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

那波九郎左衛門の関連キーワード工藤治兵衛南部重直秋田藩国包斯波園女銭謙益建部賢弘トラピスト鳥居清信ニューヨーク州

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone