コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井高房 みついたかふさ

4件 の用語解説(三井高房の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三井高房
みついたかふさ

[生]貞享1(1684)
[没]寛延1(1748).10.17. 京都
江戸時代中期の豪商。三井高平の長男。幼名,元之助,のち三郎助。三井総領家3代八郎右衛門。法名,崇清。家業の基礎を固めるとともに長崎貿易,農地抵当貸付などにも着手した。また番頭中西宗助の助力を得て,家制の整備に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井高房 みつい-たかふさ

1684-1748 江戸時代中期の豪商。
天和(てんな)4年1月1日生まれ。三井高平の長男。三井総領家3代。享保(きょうほう)元年4代八郎右衛門を襲名。大番頭中西宗助(そうすけ)の助力で店員心得などの細則をさだめ,店組織を整備。父の見聞をもとに,商家の教訓を「町人考見録」にまとめた。寛延元年10月17日死去。65歳。法名は宗清。
【格言など】只事の大きにならざる已前に何事も了簡あるべきこと(「町人考見録」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三井高房

没年:寛延1.10.17(1748.11.7)
生年:貞享1.1.1(1684.2.16)
江戸時代の豪商三井惣領家の3代目。2代高平の長男。享保1(1716)年には八郎右衛門を襲名。重役手代中西宗助の協力を得て越後屋呉服店と両替店の店規則類を整備し,使用人制度を確立するなど営業店の組織強化をはかり,高平の没後も親分として三井同族組織をまとめた。享保19年に退隠して宗清と号し,家督を長男高美に譲った。しかし高房没後は高美など同族が散財を重ね同族組織は動揺した。<著作>『町人考見録』(日本思想大系51巻)<参考文献>三井文庫編『三井事業史』本編1巻

(賀川隆行)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三井高房
みついたかふさ
(1684―1748)

江戸中期の商人。高平(たかひら)の長男、惣領(そうりょう)家第3代。幼名元之助(げんのすけ)、通称三郎助のち八郎右衛門。剃髪(ていはつ)して宗清(そうせい)。一家の親分として家政と事業を統轄し、制度の細則を整備すると同時に、長崎貿易、農地担保貸付けなど新規事業にも積極的に進出した。文才に富み、父の遺稿をもとに編著した『町人考見録』3巻は富商興亡の事情を流暢(りゅうちょう)な文体で叙述した作品として知られる。寛延(かんえん)元年10月17日65歳で没。法名崇清泰門近事。墓所は洛東(らくとう)真如堂(しんにょどう)。近江(おうみ)滋賀郡上坂井の安楽院に嗣子(しし)高美(たかよし)が追善のために建てた爪髪塔(そうはつとう)と泰門庵がある。[三井礼子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三井高房の関連キーワード三井高福三井八郎右衛門宗頼茂惣領甚六(3代)三井嘉菊三井寿讃三井殊法三井高蔭三井高富三井八郎次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone