河図(読み)カト

大辞林 第三版の解説

かと【河図】

古代中国の伝説で、伏羲氏ふつきしの時、黄河に現れた竜馬の背中のつむじの形状を写しとったという文様。易えきの八卦はつけはこれをかたどったとされる。竜図。 → 洛書

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐と【河図】

〘名〙 中国で、伏羲(ふっき)氏の世に、黄河から現われた龍馬の背上にある旋毛(つむじ)にかたどったという図。これによって天地の変化を占うことができるとし、八封(はっけ)は、これによって作ったという。→洛書
※続日本紀‐天平八年(736)一一月丙戌「河図之霊、史不記」 〔書経‐顧命〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android