コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郊壇窯 こうだんよう Jiao-tan-yao

2件 の用語解説(郊壇窯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郊壇窯
こうだんよう
Jiao-tan-yao

中国,浙江省杭州の南の郊外にあった窯。この丘の頂に南宋代の郊壇 (→天壇 ) 址があるので一般に郊壇窯と呼ぶ。南宋の官窯で,作陶技術が最高潮に達した時代の代表的窯。起源は明らかでないが,宋朝の滅亡とともに廃窯。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうだんよう【郊壇窯 Jiāo tán yáo】

中国の官窯の一つ,南宋郊壇下新官窯ともいわれる。記録によると,南宋時代初期に宮中で使用する青磁を焼いた修内司窯に次いで,首都臨安郊外の天壇の付近に別に新窯を築き,旧窯とはやや作風の異なる青磁を焼いたという。窯址は1930年2月,大谷光瑞の命をうけた小笠原彰真により確認され,その作風も明らかになった。窯址採集陶片によると,素地は一般に鉄分の多い黒ずんだ陶胎,淡い色調の青磁釉が非常に厚くかかっており,釉面には大小の貫入がいちめんにあらわれているのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の郊壇窯の言及

【官窯】より

…一般に民窯に対するものとしての官窯は,権力者,政府などが管理した陶窯のことで,中国の景徳鎮官窯をはじめ,韓国の広州官窯,日本の鍋島藩窯など,さまざまの性格のものがある。狭義の官窯は,宋時代に宮中の御用品としての青磁を焼いた,いわゆる宋官窯のことで,北宋官窯・汝窯(汝官窯)・南宋官窯(修内司窯・郊壇窯)がこれに当たる。その製品は中国の最もすぐれた青磁として喧伝され,竜泉窯その他でさかんに模倣が行われた。…

※「郊壇窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

郊壇窯の関連キーワード官窯哥窯年窯万暦窯古月軒汝官窯小橋川仁王広州官窯宋官窯陸奥国官窯

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone