郎等/郎党(読み)ロウトウ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐とう〔ラウトウ|ラウタウ〕【郎等/郎党】

ろうどう(郎等)

ろう‐どう〔ラウドウ|ラウダウ〕【郎等/郎党】

《「ろうとう」とも》身分的に主人に付き従う従僕。従者。
中世、武家の家臣で、主家と血縁関係がない者。郎従。→家の子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

郎等【ろうとう】

郎党とも。武士の従者で,地位の高い者を郎,低い者を従類といった。下人(げにん)・所従などの隷属者ではない。郎等のうち主人と血縁関係のる者を家子(いえのこ)と呼び,家子・郎等・従類などを合わせて郎従という。
→関連項目乳母

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうとう【郎等】

平安時代以後,特に諸国に下向する官人や,京・地方に住む武者に仕えた従者の一つ。〈ろうどう〉とも呼び,郎党とも書く。従者のうちでも地位の高い者を郎等といい,低い者は従類といった。郎等のうち主人一家に擬せられたのが家子(いえのこ)であり,家子,郎等,従類などをあわせて郎従という。郎等は中世初期武士団にあっては中核的存在であり,主人に名簿(みようぶ)を奉呈したり,また初参(しよさん)といってはじめて見参(げんざん)することにより,主従関係を形成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の郎等/郎党の言及

【郎従】より

…平安時代以後,武者や国司に仕えた従僕の総称。郎等と同意語に使われることが多いが,郎等は従類と対で〈郎等・従類〉のごとく使われ,従類より地位の高い従僕の意であるが,郎従の場合は郎等・従類を含んで使われる場合の方が多い。郎等・従類の等・類は接尾語で,基本は郎・従にあることを考えると,郎従はまさに郎と従をひっくるめて表現したものと考えられる。…

※「郎等/郎党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android