コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡内藩 ぐんないはん

2件 の用語解説(郡内藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郡内藩
ぐんないはん

谷村 (やむら) 藩ともいう。江戸時代甲斐国 (山梨県) 都留 (つる) 郡を領有した藩。天正 10 (1582) 年鳥居元忠が入封。次いで寛永1 (1624) 年鳥居成次が3万 5000石で就封。同 10年秋元氏が1万 8000石。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郡内藩
ぐんないはん

江戸中期まで甲斐(かい)国(山梨県)都留(つる)郡(郡内領)を領有した譜代(ふだい)小藩。谷村(やむら)藩とも称する。1601年(慶長6)鳥居成次(とりいなりつぐ)が関ヶ原の戦いの功によって、郡内に1万8000石を与えられ谷村城主となったのが初め。次代成信(なりのぶ)(忠房(ただふさ))のとき除封となり、33年(寛永10)上野(こうずけ)国(群馬県)惣社(そうじゃ)から秋元泰朝(やすとも)が入封し、富朝(とみとも)、喬知(たかとも)と3代にわたり在封。この間、殖産政策として行った新田開発や郡内絹の振興策は、とくに元禄(げんろく)期(1688~1704)以降の郡内織発展の端緒となったが、寛文(かんぶん)検地(1669)による打ち出しと収奪の強化により1681年(天和1)百姓一揆(いっき)(越訴(おっそ))を引き起こしている。喬知はその後加増され、若年寄から老中に昇進したが、1704年(宝永1)武蔵(むさし)国(埼玉県)川越(かわごえ)に移封されて廃藩となった。[飯田文弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郡内藩の関連キーワードアヤムラサキ毛谷村北海道稚内市宗谷村長野県下伊那郡平谷村谷村嘉順(初代)谷村嘉順(2代)谷村可順(3代)谷村可順(4代)谷村楯八(2代)谷村楯八(3代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone