コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都状 とじょう

世界大百科事典 第2版の解説

とじょう【都状】

陰陽道で行われる祭りに奉られる祭文。最古の遺存例は1050年(永承5)の後冷泉天皇のもので,泰山府君はじめ,12の冥道諸神をまつり,銀銭白絹鞍馬,勇奴など献上の旨が記される。延命長寿を願うほか藤原実行の1138年(保延4)の例のように官位昇進祈願なども含まれる。そのほか都状の現存遺物としては,江戸時代歴代天皇の天曹地府祭(てんちゆうちふさい),金神祭,方凶謝祭などによるものが二十数通知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

都状の関連キーワード古文書陰陽道

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都状の関連情報