天曹地府祭(読み)テンソウチフサイ

世界大百科事典 第2版の解説

てんちゅうちふさい【天曹地府祭】

陰陽師が修する重要な祭りの一つ。六道冥官祭,天官地符祭とも呼び,曹は縦の2本棒を1本棒にした特異な画の字〈曺〉を用いる。11世紀ころからまつられ,安倍氏が鎌倉幕府の陰陽道を支配してよりこの祭法は盛んとなった。泰山府君を中心とし12座の神に金銀幣,素絹,鞍馬を供えてまつる。江戸時代は明正天皇より仁孝天皇まで歴代にわたり土御門(つちみかど)(安倍)家が一代一度の祭りを執行した。すなわち土御門邸内では鏡や衣の撫物(なでもの)を祭壇に安置し,長官,献者,謁者,執事,祭郎,具官が参加し,祭儀には加持,燻香,打磬のごとく仏教的要素がとりいれられ,拍手,奉幣中臣祓など神道の形式も入り,法螺(ほら)を吹く修験道の作法も加わり,まさに諸宗教を合成した独特のものとなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんそうちふさい【天曹地府祭】

陰陽道おんようどうで六道の冥官をまつって祈禱する儀式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android