コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天曹地府祭 テンソウチフサイ

3件 の用語解説(天曹地府祭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんそうちふ‐さい〔テンサウチフ‐〕【天曹地府祭】

陰陽道(おんようどう)で、冥官(みょうかん)を祭って戦死者の冥福などを祈る儀式。六道冥官祭

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てんちゅうちふさい【天曹地府祭】

陰陽師が修する重要な祭りの一つ。六道冥官祭,天官地符祭とも呼び,曹は縦の2本棒を1本棒にした特異な画の字〈曺〉を用いる。11世紀ころからまつられ,安倍氏が鎌倉幕府の陰陽道を支配してよりこの祭法は盛んとなった。泰山府君を中心とし12座の神に金銀幣,素絹,鞍馬を供えてまつる。江戸時代明正天皇より仁孝天皇まで歴代にわたり土御門(つちみかど)(安倍)家が一代一度の祭りを執行した。すなわち土御門邸内では鏡や衣の撫物(なでもの)を祭壇に安置し,長官,献者,謁者,執事,祭郎,具官が参加し,祭儀には加持,燻香,打磬のごとく仏教的要素がとりいれられ,拍手,奉幣,中臣祓など神道の形式も入り,法螺(ほら)を吹く修験道の作法も加わり,まさに諸宗教を合成した独特のものとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てんそうちふさい【天曹地府祭】

陰陽道おんようどうで六道の冥官をまつって祈禱する儀式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天曹地府祭の関連キーワード大祭陰陽師身の上知らず大祀冥官磯祭式神祭月祭り祓え夜宮六道の辻

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone