コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井玄治 さかい つねはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井玄治 さかい-つねはる

?-1555 戦国時代の武将。
酒井定治の子。天文(てんぶん)9年父の跡をつぎ上総(かずさ)(千葉県)土気(とけ)城主となる。東金(とうがね)の酒井隆敏(たかとし)と紛争を生じたが臼井城主原氏の斡旋で和解。22年千葉親胤(ちかたね)とともに,関東にはいった上杉謙信とたたかい敗れた。天文24年4月24日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

酒井玄治の関連キーワード酒井胤治酒井定治

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android