コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒石酸エルゴタミン しゅせきさんエルゴタミンergotamin tartras

2件 の用語解説(酒石酸エルゴタミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒石酸エルゴタミン
しゅせきさんエルゴタミン
ergotamin tartras

麦角アルカロイド有効成分の一つ。交感神経抑制作用を有する子宮収縮剤である。産後の子宮弛緩,出血,子宮収縮不全などに用いる。しかし,分娩開始期に陣痛促進剤として使用するのは危険である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒石酸エルゴタミン
しゅせきさんえるごたみん

平滑筋収縮剤。麦角(ばっかく)から抽出されたアルカロイドで、子宮や血管の平滑筋を興奮させる。自律神経のα(アルファ)受容体を遮断して抗アドレナリン作用を示す。頭部血管に対して収縮効果が大きく、片頭痛の治療薬として用いられ、子宮収縮の目的では使用されなくなった。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone