コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒石酸エルゴタミン しゅせきさんエルゴタミン ergotamin tartras

2件 の用語解説(酒石酸エルゴタミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒石酸エルゴタミン
しゅせきさんエルゴタミン
ergotamin tartras

麦角アルカロイド有効成分の一つ。交感神経抑制作用を有する子宮収縮剤である。産後の子宮弛緩,出血,子宮収縮不全などに用いる。しかし,分娩開始期に陣痛促進剤として使用するのは危険である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒石酸エルゴタミン
しゅせきさんえるごたみん

平滑筋収縮剤。麦角(ばっかく)から抽出されたアルカロイドで、子宮や血管の平滑筋を興奮させる。自律神経のα(アルファ)受容体を遮断して抗アドレナリン作用を示す。頭部血管に対して収縮効果が大きく、片頭痛の治療薬として用いられ、子宮収縮の目的では使用されなくなった。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒石酸エルゴタミンの関連キーワードアルカロイドエルゴメトリンキナアルカロイドエルゴタミン有効成分麦角アルカロイドエルゴトキシンキノリジンアルカロイド交感神経系副交感神経遮断薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone