コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酔う ヨウ

デジタル大辞泉の解説

よ・う〔よふ〕【酔う】

[動ワ五(ハ四)]《「え(酔)う」の音変化》
飲んだ酒のアルコール分が体中にまわり、正常な判断や行動がとれなくなったりする。「美酒に―・う」「―・った勢いでけんかを売る」
乗り物に揺られたり、人込みの熱気に当てられたりして気分が悪くなる。「船に―・う」「人に―・う」
そのことに心を奪われてうっとりする。また、自制心を失う。「成功に―・う」「妙技に―・う」「太平に―・う」
[可能]よえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よう【酔う】

( 動五[四] )
〔「ゑふ(酔)」の転〕
酒を飲んで通常の状態でなくなる。酔っ払う。酩酊めいていする。 「 - ・うと泣き出すくせがある」
乗り物に揺られて気分が悪くなる。また、刺激が強すぎたりして気分が悪くなる。 「船に-・う」 「血ニ-・ウ/日葡」
物事や雰囲気などに引き込まれ、うっとりとした状態になる。 「名演奏に-・う」 「雰囲気に-・う」
[可能] よえる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酔うの関連キーワード泣き上戸・泣上戸飲んだくれるべろんべろんアルコール分酔いが回る乱酔・爛酔虎になるぐでぐで捩じ上戸気違い水泥の如し笑い上戸酔ひ死ぬ酔っ払う怒り上戸機嫌上戸ずぶろく生酔い酒酔い雰囲気

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酔うの関連情報