コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢酸カルシウム サクサンカルシウム

デジタル大辞泉の解説

さくさん‐カルシウム【酢酸カルシウム】

水酸化カルシウム酢酸を作用させて作る、白色の粉末。酢酸・アセトンの製造、織物の捺染剤(なっせんざい)、なめしなどに使用。化学式Ca(CH3COO)2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢酸カルシウム
さくさんかるしうむ
calcium acetate

酢酸とカルシウムのつくる塩。化学式Ca(CH3CO2)2。分子量158.17。水酸化カルシウムに酢酸を反応させて、瀘過(ろか)、冷却すると二水和物が得られ、これを熱すると84℃で一水和物が得られる。これらを脱水して酢酸カルシウムとする。酢酸カルシウム(無水和物)は、白色粉末、20℃の水100グラムに34.73グラム溶ける。160℃に加熱すると炭酸カルシウムと、アセトンに分解する。
 酢酸、アセトンの製造、染色、なめしなどに用いるほか、皮膚治療剤、食品安定剤の用途がある。[佐藤武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酢酸カルシウムの関連キーワード酢酸ナトリウムケトン