コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

采女司 ウネメノツカサ

世界大百科事典 第2版の解説

うねめのつかさ【采女司】

宮内省被管の令制の官司の一つで采女を管理する。職員は男官で,正(かみ)(長官)・佑(じよう)(判官)・令史(さかん)(主典)各1人,采部(うねべ)6人,使部(しぶ)12人,直丁(じきちよう)1人。令制前には采女氏が采女の管掌者であったが,大宝令(701)により采女司が確立した。采女氏は令制下でも引き続き司の官人や采部に補任されている。司は采女の名帳管理,後宮の水司・膳司等の諸司への配分,勤務評定を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うねめのつかさ【采女司】

律令制で、宮内省に属し、采女に関する一切をつかさどった役所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

采女司
うねめし

大宝・養老令制下の官司。宮内省(くないしょう)の被管。808年(大同3)に中務省(なかつかさしょう)被管の縫殿寮(ぬいどのりょう)に併合されたが、812年(弘仁3)に復置された。采女とは、郡領(ぐんりょう)の姉妹・娘が貢上されて天皇の後宮で仕えたものである。『令集解(りょうのしゅうげ)』をみると、采女司は采女の名簿を管理するだけとする説(「穴記(あなき)」)もあるが、勤務評定を行い、実質的にも管理したとする説(「古記(こき)」)もある。令史(さかん)には采女朝臣氏が任じられることになっていた。また、伴部(ともべ)として采部(うねべ)が6人所属していた。[古尾谷知浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

采女司の関連キーワード采女(女官)采女正検校

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android