縫殿寮(読み)ヌイヅカサ

デジタル大辞泉の解説

ぬい‐づかさ〔ぬひ‐〕【縫殿寮】

ぬいどのりょう

ぬいどの‐の‐つかさ〔ぬひどの‐〕【縫殿寮】

ぬいどのりょう

ぬいどの‐りょう〔ぬひどのレウ〕【縫殿寮】

律令制で、中務(なかつかさ)省に属し、天皇および賞賜の衣服を裁縫し、また、女官考課をつかさどった役所。ぬいどののつかさ。ぬいづかさ。ぬいりょう。ぬい。

ぬい‐りょう〔ぬひレウ〕【縫殿寮】

ぬいどのりょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

縫殿寮【ぬいどのりょう】

中務(なかつかさ)省所属の令制官司。職掌は女王および後宮12司の女官の上日行事(勤務日数・内容)の記録から考課(勤務評定)をするほか,天皇の御服や賞賜用衣服の縫製,纂組(組紐(くみひも)類)などを管轄。職員は頭(かみ)・助(すけ)・允(じょう)・大属(だいさかん)・少属各1人ほか。799年允を大小として1人増員,808年大蔵省縫部司・宮内省采女(うねめ)司を併合(812年采女司復旧)。→大宝律令養老律令

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬいどのりょう【縫殿寮】

令制官司の一つ。中務(なかつかさ)省に所属。頭・助・允・大属・少属の四等官のほか使部・直丁が属する小。女王および内外命婦(ないげのみようぶ)(内命婦とは五位以上の女官,外命婦とは五位以上の官人の妻)・宮人名帳や考課,天皇の御服や賞賜用衣服の裁縫,纂組(さんそ)(くみひも,綬の類)の事をつかさどる。本寮は後宮十二司すなわち内侍司蔵司,書司,薬司兵司,闈司,殿司,掃司,水司,膳司,酒司,縫司に属する女官につき,それぞれの本司が上日行事(出勤日数,勤務内容)を記録したものの送付を受けて,女官の考課すなわち勤務評定をし,これを中務省に申告することを最も重要な職務とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぬいどのりょう【縫殿寮】

律令制で、中務省に属し女官の考課や宮中所用の衣服の縫製などをつかさどった役所。ぬいどの。ぬいどののつかさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の縫殿寮の言及

【染色】より

…しかし《延喜式》には染色の制度,工程,染法,染料などのほか,装束の用布などがかなり詳しく記されており,この時代の染色を知る重要な手がかりとなっている。制度は前代の養老律令をほぼ踏襲しており,染色は主として,平安遷都に際して新設された中務省の内蔵寮(くらりよう)や縫殿寮(ぬいどのりよう)で処理されていたと思われる。縫殿寮の定員18人中には6人の染手が,また内蔵寮の作手定員33人のなかには,夾纈手2,﨟纈手2,繧繝手2,焼灰4,採黄櫨(きはじ)1,計11人もの染色技術者が含まれており,別に染手5人がこの寮に属していた。…

【ひも(紐)】より

…礼冠の紐,位袋(いたい)(親王・諸王および初位以上の諸臣の朝服に着けた袋のことで,袋の色,紐の色およびその結び方によって位階が表された)が階級識別のために用いられた。この時代には渡来品だけでは足りず,やがて国内でも中央組織の中に渡来人を長にして紐づくりの組織(中務(なかつかさ)省縫殿(ぬいどの)寮)が設けられた。平安時代に入ると唐の製紐技術をよく消化して,クリーム色や古代紫など淡色で優雅な国産の紐がつくられるようになった。…

※「縫殿寮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android