コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力測量 じゅうりょくそくりょう gravity survey

2件 の用語解説(重力測量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重力測量
じゅうりょくそくりょう
gravity survey

地球上の地点ごとの重力の大きさを重力計を用いて求める測量。重力は高さによって変化するので,測定する点は水準点か,または正確な高さを水準測量で決定する必要がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重力測量
じゅうりょくそくりょう
gravity survey

地球上の各地点での重力を測る測量。同一の振り子を各地で振らせ、その周期の差を精密に測る振り子式重力計による方法、おもりをつけたばねの伸縮を各地で精密に測るばね式重力計を用いる方法、真空中の物体の落下速度を精密に測る落下法などがある。測量された値に対しては、観測点が海面すなわち等ポテンシャル面上にない場合はそれを海面上の値に補正するためのフリーエア補正、またそのとき海面までの間の山地などの物質による重力値の補正をするブーゲー補正を行わねばならない。重力測量の結果はジオイドの形状を決定するのに用いられ、人工衛星や大陸間ロケットの軌道を精密に定めるのに役だつ。また石油その他の地下資源の探査や、物体の重さを測定する秤(はかり)の校正にも用いられる。日本には基準重力点約40点、一等重力点約180点が設置されている(2016年時点)。[尾崎幸男・辻 宏道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重力測量の関連キーワード重さ重量重量キログラム重力重力計重力偏差計標準重力無重量状態ブーゲ重力異常ブーゲ補正(重力)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone