コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重怡 じゅうい

1件 の用語解説(重怡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重怡 じゅうい

1075-1140 平安時代後期の僧。
承保(じょうほう)2年生まれ。天台宗。比叡(ひえい)山で顕密二教をまなび,40歳で山城(京都府)鞍馬寺にはいる。14年間,小豆(あずき)で回数をかぞえながら南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)をとなえたという。保延(ほうえん)6年死去。66歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

重怡の関連キーワード労働契約の期間韓琦希臘源頼義三国史記叙任権闘争トロンヘイム藤原師実覚行法親王教禅

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone