コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野田律太 のだ りつた

2件 の用語解説(野田律太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野田律太 のだ-りつた

1891-1948 大正-昭和時代の労働運動家。
明治24年9月12日生まれ。大阪で旋盤工となる。大正5年職工組合期成同志会にくわわり,翌年友愛会に加盟。12年日本労働総同盟大阪連合会常任役員。総同盟の分裂で14年日本労働組合評議会委員長となる。昭和3年三・一五事件で検挙,投獄された。昭和23年3月16日死去。58歳。岡山県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野田律太
のだりつた
(1891―1948)

大正・昭和期の労働運動家。明治24年9月12日岡山県に生まれる。高等小学校1年終了ののち、給仕、鉄工所の徒弟などを経て、1916年(大正5)日本兵器製造会社で職工組合期成同志会に加入し、翌年友愛会に加盟する。20年野田造船所を解雇されたのち、友愛会大阪連合会のオルグとなる。さらに23年以降は日本労働総同盟の常任活動家として活動。25年5月の総同盟第一次分裂に際しては、日本労働組合評議会の結成に参加し、28年(昭和3)4月に解散させられるまで委員長を務めた。28年の三・一五事件で検挙され、翌年出獄したが、以後は左翼労働運動を離れ、35年には『工場世界』の編集主幹となり、関西地方の労務担当者の連絡機関を主宰した。敗戦後は日本社会党香川県連の結成に参加している。昭和23年3月16日死去。[佐瀬昭二郎]
『野田律太著『労働運動千一夜』(1948・日本労農通信社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野田律太の関連キーワード吾妻光俊石川知福伊藤卯四郎植田増吉佐野芳雄荘原達土井直作西浦宇吉原虎一山崎常吉