コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野筋 ノスジ

3件 の用語解説(野筋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

の‐すじ〔‐すぢ〕【野筋】

野の道筋を模して庭に設けた道。
几帳(きちょう)や壁代(かべしろ)の幅(の)ごとに中央に垂らす、装飾を兼ねたひも。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のすじ【野筋】

平安時代からの庭園用語で,低い盛土でゆるやかな起伏をつけた小丘をいう。築山の裾のなだらかな部分をさすこともある。野辺のなごやかな景色を庭に写そうとした王朝貴族好みの意匠で,前栽(せんざい)として桔梗(ききよう),女郎花(おみなえし),野菊のような野の草花を移し植えた。《作庭記》には枯山水(かれさんすい)様の一つとして,野筋に取り付けて石を配する形式をあげている。しかし室町時代の庭園秘伝書《山水幷野形図(せんずいならびにのがたのず)》には,野筋はただ山の風情でしいて石を立てず,木草を植えて野山の趣をあらわすものと述べており,時代により若干,感覚的に差のあることがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のすじ【野筋】

日本庭園で、勾配のゆるやかな低い築山とその道をいう。
几帳きちようなどの、幅ごとに付いている、装飾を兼ねた留めひも。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野筋の関連キーワード王朝時代築庭出湯平安時代文学紫の庭三径夏の庭園月の桂の庭森蘊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野筋の関連情報