金剛 右京(読み)コンゴウ ウキョウ

20世紀日本人名事典の解説

金剛 右京
コンゴウ ウキョウ

明治〜昭和期の能楽師(金剛流シテ方) 金剛流第23代目宗家。



生年
明治5年10月(1872年)

没年
昭和11(1936)年3月27日

出生地
東京・麻布飯倉

旧姓(旧名)
幼名=坂戸 鈴之助

別名
号=氏慧

経歴
13〜16歳までに祖父金剛唯一の死、舞台の火災、父の死と相次ぎ、披露能もできないまま家元を継ぐ。30代前後は京都の金剛謹之輔に師事、食していた。39歳で右京を襲名、氏慧と名乗った。大胆華麗な演技で、身軽な曲技的型も見せた。大正4年東京・市谷に金剛舞台を新築したが、ほどなく類焼。大和猿楽以来の伝統を継ぐ坂戸金剛は、遺言によって絶家となった。著書に「能楽芸話」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

金剛 右京
コンゴウ ウキョウ


職業
能楽師(金剛流シテ方)

肩書
金剛流第23代目宗家

別名
幼名=坂戸 鈴之助 号=氏慧

生年月日
明治5年 10月

出生地
東京・麻布飯倉

経歴
13〜16歳までに祖父金剛唯一の死、舞台の火災、父の死と相次ぎ、披露能もできないまま家元を継ぐ。30代前後は京都の金剛謹之輔に師事、食していた。39歳で右京を襲名、氏慧と名乗った。大胆華麗な演技で、身軽な曲技的型も見せた。大正4年東京・市谷に金剛舞台を新築したが、ほどなく類焼。大和猿楽以来の伝統を継ぐ坂戸金剛は、遺言によって絶家となった。著書に「能楽芸話」がある。

没年月日
昭和11年 3月27日 (1936年)

家族
祖父=金剛 唯一

伝記
昭和能楽黄金期―山崎有一郎が語る名人たち 山崎 有一郎 著,三浦 裕子 聞き手(発行元 檜書店 ’06発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android