コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛巌(2世) こんごういわお[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金剛巌(2世)
こんごういわお[にせい]

[生]1924.12.23. 京都,京都
[没]1998.8.1. 京都,京都
金剛流シテ方の楽師。金剛流 2世宗家。本名滋夫。初世金剛巌の三男。父に師事。1931年『国栖(くず)』の子方で初舞台。1938年『舎利』で初シテ。1947年『道成寺』,1964年『卒都婆小町』,1984年『姨捨』を初演。稀曲『泰山府君』『落葉』『彭祖』,番外曲『碁』『鈿女(うずめ)』などを復曲上演。『雪』のシテで 1954年度芸術祭賞奨励賞。1991年紫綬褒章。1995年日本芸術院賞。金剛会を主宰。異流の金春流宗家,金春信高と協力して二人会を定期的に催した。金剛能楽堂財団理事長。長男は 3世宗家の金剛永謹(こんごうひさのり)。(→

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

金剛巌(2世)の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎実験映画ビダールビッチ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android