コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜山窯 ふざんよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釜山窯
ふざんよう

韓国,慶尚南道釜山市付近にあった窯。江戸時代初期に江戸幕府対馬宗氏を通じて李朝政府に依頼し,釜山にあった和館の近くに築いたもの。そのため和館窯ともいう。対馬の陶工が朝鮮人陶工を雇い,徳川家の注文に応じ朝鮮各地の土を使って茶器類を焼いた (→御本茶碗 ) 。作品は青磁白磁,彫り三島,染付などきわめて多種類。享保2 (1717) 年閉窯。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふざん‐よう〔‐エウ〕【釜山窯】

寛永16年(1639)対馬(つしま)の領主宗氏が釜山の和館に築いた陶窯御本茶碗(ごほんぢゃわん)を製造した。享保2年(1717)廃窯。和館窯。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふざんよう【釜山窯】

釜山の和館にあった陶窯。呉器ごき・御所丸・彫三島ほりみしま・刷毛はけ伊羅保・御本ごほん・染め付けなどを産した。1717年閉窯。和館窯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

釜山窯の関連キーワード船橋玄悦大浦林斎平山意春御所丸対馬焼茂山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android