コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御本茶碗 ごほんぢゃわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御本茶碗
ごほんぢゃわん

高麗茶碗の一種。安土桃山~江戸時代初期に日本から見本の茶碗を送って,韓国,釜山市の和館付近に築いた釜山窯で焼かせて輸入した茶碗。「御本」とは御手本の意味。薄造りで,簡単な絵付けを施したり,割り高台 (こうだい) にしたものが多いが,作意的なものも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごほん‐ぢゃわん【御本茶×碗】

桃山時代から江戸時代にかけて、日本から手本を送って朝鮮で焼かせた抹茶茶碗狭義には釜山窯(ふざんよう)で焼かれたものをいう。淡紅色の斑文(はんもん)があるのが特色御本手(ごほんて)。御本。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御本茶碗の言及

【高麗茶碗】より

…朝鮮半島で焼かれた茶の湯の茶碗の総称。高麗茶碗とはいうが,そのほとんどは李朝時代に焼かれたもので,高麗時代までさかのぼるものはわずかである。室町時代末に侘茶が流行するようになって賞玩され,桃山時代には茶の湯茶碗の主流となった。高麗茶碗は大別すると,一般的な李朝陶磁のなかから茶の湯の茶碗として見立てられたものと,日本の注文によって造られた茶碗(安土桃山から江戸初期に焼かれた各種の御本(ごほん)茶碗に代表される)とがある。…

※「御本茶碗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御本茶碗の関連キーワード桃山時代釜山