釣(り)台(読み)ツリダイ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐だい テウ‥【釣台】

〘名〙 釣りをする台。釣り糸を垂れる小高いところ。中国には、太公望・荘子・韓信などの釣台の遺跡といわれるものが各地にある。
※凌雲集(814)夏日神泉苑釣台応製〈小野岑守〉「釣台新結搆、浮柱出深」 〔劉滄‐贈道者詩〕

つり‐だい【釣台】

〘名〙 物をのせてかついで行く台。板を台とし、両端をつり上げてふたりでかつぐ。嫁入道具・病人などをのせて運ぶのに用いる。
※俳諧・類柑子(1707)上「釣台にのる子いづこへとしの昏〈紫紅〉」
※洒落本・百安楚飛(1779)「十五夜の月見は〈略〉釣台(ツリダイ)に花をかざり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android