コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木浦八 すずき うらはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木浦八 すずき-うらはち

1853*-1918 明治-大正時代の農事指導者。
嘉永(かえい)5年12月1日生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)豊田郡加茂西村の大庄屋。のち戸長,静岡県会議員となる。天竜川治水につくし,明治20年(1887)から畦畔(けいはん)改良(静岡方式)とよばれる耕地整理事業を推進した。大正7年10月30日死去。67歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木浦八

没年:大正7.10.30(1918)
生年:嘉永5.12.1(1853.1.10)
わが国の耕地整理の前身のひとつ「畦畔改良」(静岡方式)の普及,大成者。鈴木兵右衛門の長男として遠江国磐田郡富岡村加茂西(静岡県磐田市)に生まれる。明治20(1887)年居村加茂西の「畦畔改良」を集落を単位として実施した。同23年,第3回内国勧業博覧会に加茂西の畦畔改良成績を出品し,褒賞状を贈られた。これを機に諸方から招かれ,指導に当たり,その範囲は静岡県内46カ村をはじめ,岐阜,高知,千葉,宮城,山形の各県におよんだ。<参考文献>須々田黎吉「〈畦畔改良〉〈田区改正〉時代から耕地整理法の成立まで」(『明治農書全集』11巻)

(須々田黎吉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鈴木浦八の関連キーワード名倉太郎馬大正時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android