コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木浦八 すずき うらはち

2件 の用語解説(鈴木浦八の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木浦八 すずき-うらはち

1853*-1918 明治-大正時代の農事指導者。
嘉永(かえい)5年12月1日生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)豊田郡加茂西村の大庄屋。のち戸長,静岡県会議員となる。天竜川の治水につくし,明治20年(1887)から畦畔(けいはん)改良(静岡方式)とよばれる耕地整理事業を推進した。大正7年10月30日死去。67歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木浦八

没年:大正7.10.30(1918)
生年:嘉永5.12.1(1853.1.10)
わが国の耕地整理の前身のひとつ「畦畔改良」(静岡方式)の普及,大成者。鈴木兵右衛門の長男として遠江国磐田郡富岡村加茂西(静岡県磐田市)に生まれる。明治20(1887)年居村加茂西の「畦畔改良」を集落を単位として実施した。同23年,第3回内国勧業博覧会に加茂西の畦畔改良成績を出品し,褒賞状を贈られた。これを機に諸方から招かれ,指導に当たり,その範囲は静岡県内46カ村をはじめ,岐阜,高知,千葉,宮城,山形の各県におよんだ。<参考文献>須々田黎吉「〈畦畔改良〉〈田区改正〉時代から耕地整理法の成立まで」(『明治農書全集』11巻)

(須々田黎吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木浦八の関連キーワード乾田馬耕耕地整理本朝耕地の傾斜の密度内野信一河守宗兵衛田村利七中原菊次郎名倉太郎馬日吉小次郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone