コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木養斎 すずき ようさい

1件 の用語解説(鈴木養斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木養斎 すずき-ようさい

1764-1837 江戸時代中期-後期の儒者。
明和元年生まれ。鈴木養察(ようさつ)の孫。安井利恒(としつね),桜木誾斎(ぎんさい),稲葉黙斎(もくさい)に師事し,黙斎の死後はその門弟に教授した。谷文晁(ぶんちょう)と親交があった。天保(てんぽう)8年7月11日死去。74歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。名は直二。通称は荘内。別号に空水,大順堂。著作に「医書」「女世話字往来」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鈴木養斎の関連キーワード羅城鵜飼図南川田喬遷児島新七再賀三鍼珠雀斎樗雲戸田忠喬渡辺東河

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone