コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉黙斎 いなば もくさい

2件 の用語解説(稲葉黙斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉黙斎 いなば-もくさい

1732-1799 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)17年11月13日生まれ。稲葉迂斎(うさい)の次男。はじめ父に,のち野田剛斎山崎闇斎(あんさい)派の朱子学をまなぶ。諸侯をおしえ,天明元年(1781)上総(かずさ)(千葉県)に隠居,崎門学の集大成につとめた。寛政11年11月1日死去。68歳。江戸出身。名は正信。通称は又三郎。著作に「孤松全稿」「先達遺事」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲葉黙斎
いなばもくさい
(1732―1799)

江戸中期の儒学者。本姓は越智(おち)、名は正信、通称は又三郎、黙斎は号。享保(きょうほう)17年11月13日、佐藤直方(さとうなおかた)の高弟で唐津(からつ)藩儒の稲葉迂斎(うさい)(1684―1760)の次男として、江戸・日本橋浜町(東京都中央区)に生まれる。初めは父、のち野田剛斎(のだごうさい)(1690―1768)から山崎闇斎(やまざきあんさい)派の朱子学を学ぶ。『先達遺事(せんだついじ)』1巻(1767)などに同派の逸話を、『蔵録(うんぞうろく)』16巻(1752序)などに直方の著作を集成した。館林(たてばやし)、丸亀(まるがめ)など諸藩に進講。新発田(しばた)藩に仕え、晩年は致仕して上総(かずさ)国山辺郡清名幸谷(せいなこうや)村(千葉県東金(とうがね)市)に隠居した。寛政(かんせい)11年11月1日に死去。墓所は千葉県山武(さんむ)市成東(なるとう)の曹洞(そうとう)宗元倡寺(げんしょうじ)。著作は『孤松全稿(こしょうぜんこう)』40巻(未刊)に収録。[三宅正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲葉黙斎の関連キーワード羅城国包(8代)佐久間文爾三鍼司馬可因諏訪幾平樗雲淵章甫松田拙斎三木雲門

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone