鉄道公安官(読み)てつどうこうあんかん

世界大百科事典 第2版の解説

てつどうこうあんかん【鉄道公安官】

日本国有鉄道(現JR)の施設内において公安維持の職務に当たる国鉄役員または職員法務大臣運輸大臣が協議して定める要件に該当する者の中から,国鉄総裁の推薦に基づき運輸大臣が指名する。正式には,鉄道公安職員という(〈鉄道公安職員の職務に関する法律〉1条)。国鉄の列車,停車場その他輸送に直接必要な鉄道施設内における犯罪および国鉄の運輸業務に対する犯罪について捜査する権限を有する。司法警察職員とはされていないが,その捜査については刑事訴訟法の司法警察職員の捜査に関する規定が準用され,実質的にはこれと同視しうる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄道公安官の関連情報