コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道公安官 てつどうこうあんかん

世界大百科事典 第2版の解説

てつどうこうあんかん【鉄道公安官】

日本国有鉄道(現JR)の施設内において公安維持の職務に当たる国鉄の役員または職員。法務大臣運輸大臣が協議して定める要件に該当する者の中から,国鉄総裁の推薦に基づき運輸大臣が指名する。正式には,鉄道公安職員という(〈鉄道公安職員の職務に関する法律〉1条)。国鉄の列車,停車場その他輸送に直接必要な鉄道施設内における犯罪および国鉄の運輸業務に対する犯罪について捜査する権限を有する。司法警察職員とはされていないが,その捜査については刑事訴訟法の司法警察職員の捜査に関する規定が準用され,実質的にはこれと同視しうる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鉄道公安官の関連キーワード鉄道警察隊御供平佶島田一男

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android