コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道営業法 てつどうえいぎょうほう

2件 の用語解説(鉄道営業法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄道営業法
てつどうえいぎょうほう

明治 33年法律 65号。鉄道の設備および運送について規定する法律。鉄道運送に関する規定は商法の運送営業に関する規定の特別法としての性格をもち,運賃その他の運送条件の公告,法定の要件を具備した貨物の運送拒絶の禁止,運賃の払戻しなどの規定がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てつどう‐えいぎょうほう〔テツダウエイゲフハフ〕【鉄道営業法】

鉄道の設備、運送・旅客または鉄道犯罪などについて定めた法律。明治33年(1900)施行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄道営業法の関連キーワード林野鉄道線路鉄道の日播但線森林整備法人が所管している森林砂防指定地機関車庫3号村上享一村上彰一山口権三郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄道営業法の関連情報