コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉤葛 カギカズラ

デジタル大辞泉の解説

かぎ‐かずら〔‐かづら〕【×葛】

アカネ科の蔓性(つるせい)の木本。房総半島以西の山地に自生。葉は卵形で対生し、基部に小枝の変化した鉤があり、これで他に絡み付く。夏、白緑色の筒形の小花を球状につける。鉤を乾かしたものを漢方で釣藤鉤(ちょうとうこう)といい、小児のひきつけや頭痛・高血圧などに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鉤葛 (カギカズラ)

学名:Uncaria rhynchophylla
植物。アカネ科の常緑つる性植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android